こちら「日本語でケアナビ」開発室

2008年3月のシンポジウムの詳細が決定!

「お悩み解決します」の猫の手相占い師

みなさんは、ケアくんをご存知でしょうか。
「日本語でケアナビ」のマスコット兼ナビゲーターです。
「例文から学ぼう!」や「こんな言葉知ってる?」のコーナーに
かわいく登場して、新しいことばを紹介してくれています。

いつもニコニコのケアくん。
しかし、このケアくん、密かに悩みがあるんです。
ケアくんの産みの親である前ちゃんによると、
「ケアくんは、自分の顔の『C』を、ビタミンCの『C』と
間違われていないか、いつも心配している」
そうです。ときには、眠れないほどに。
本当は、「Care(ケア)」のCなのですが。

実は、ケアくんの性格や生活、かなり具体的に設定されているそうです。
たとえば、ナビってない(ナビゲーターの仕事をしていない)ときは、
ケアくんはヘッドギアをはずして、
塩味のポップコーンかキャラメルを食べてリラックスしている、などなど。

前ちゃんによると、ケアくんを登場させた理由の1つは、
「日本語でケアナビ」を温かいものにしたかったから。

ほら、カーナビって機械なんだけど、何か忠実で温かみを感じませんか。
指示通りに運転しなくても、ちゃんとまた、新しい道を教えてくれて。
しかも、怒ったり、不機嫌になることもなく

と話す前ちゃん。そして、

『日本語でケアナビ』で操作が上手くいかなかったときとか、
ケアくんを見るとちょっと安心できる、そんな存在にケアくんを
したかったんです

と語っていました。
その温かさを出すためには、ケアくん自身に“体温”が必要になり、
画面には見えない部分の細かい設定や性格付けとかが
大事だということなのでしょう。
ケアくんのデザイン自体も、約40の候補の中から選ばれたそうです。

当然、ケアくんの全身の姿やいろいろな表情なども、すでに完成済みだそうで、
「音声データを利用できるようにして、早くみなさんに
ケアくんの声を聞いてもらいたい。」
というのが、前ちゃんの次の目標だとか。
はてさて、どんな声なのか。
それを考え始めると、今度はこちらが眠れない?

2007.10.28 16:50 - たなか

次は「身だしなみに気をつけてください。」

このトピックの記事一覧へ

コメントする

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。