こちら「日本語でケアナビ」開発室

2008年3月のシンポジウムの詳細が決定!

笑ってごまかさないでください。
(「ごまかす」の例文)

ケアナビがリニューアル?ご神託から学ぼう!のパロディーイラスト

出勤して最初にすることは、「日本語でケアナビ」のトップページの
「例文から学ぼう!」を見ること。
気分転換したいときも、帰る前にも、サイトをチェック。
どうして、私がこんなことをするようになってしまったのか。
今回は、そのことをお話しましょう。

「日本語でケアナビ」サイトが公開されて、まだ間もないころのことです。
いろいろな機能がちゃんと動くかどうか調べていたのですが、
トップページの「例文から学ぼう!」のランダム表示を試しているうちに

Oさんは時々無神経なことを言います。
(「無神経(な)」の例文)

「(ある人の顔を思い浮かべながら)そうだよな。
確かにそういうところ、あるよな」

味が濃い食べ物は控えてください。
(「味が濃い」の例文)

「そう言えば、この間の人間ドックで言われたっけ」

最近、毛が薄くなりました。
(「毛が薄い」の例文)

「おっ、なかなか痛いところ、突いてくるじゃないか」

会議では自由に意見を言ってください。
(「意見を言う」の例文)

「そう言われてもなぁ」

と、ついつい夢中になってしまいました。
すると、同僚から
「今、何してるの。ちょっと手伝ってほしいこと、あるんだけど」と鋭い目。
それでも、手を止められずに「日本語でケアナビ」のクリックを続けると、

仕事をさぼってはいけません。
(「さぼる」の例文)

えっ? もう一度クリックすると、

仕事に集中してください。
(「集中する」の例文)

軽く動揺しつつ、同僚に「こんな例文が出ちゃった」と笑いながら話し、
なお懲りずにクリックを続けると、

笑ってごまかさないでください。
(「ごまかす」の例文)

参りました! 
ケアくんにというか、コンピュータにというか、
まるで自分のことが見透かされているような感覚に襲われました。
そして、すっかり例文の“信者”になってしまったわけです。

以来、出勤してクリック、疲れたときにクリック、悲しいときにもクリック。
時には叱られ、時には励まされと、例文のお世話になり続けています。
この間、職場から帰る直前にクリックすると、こんな例文が出てきました。

帰る前にパソコンの電源を切ってください。
(「電源を切る」の例文)

「言われなくても、ちゃんと切ります!」

2007.11.11 15:05 - たなか

次は「この言葉の意味が分かりますか。」

このトピックの記事一覧へ

コメントする

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。