こちら「日本語でケアナビ」開発室

2008年3月のシンポジウムの詳細が決定!

たなか

今週の例文

頭ががんがんします

痛み表現は結構難しい

ある病院の関係者と話していてときのことです。
その病院は英語対応を掲げていたこともあって、
だんだん外国人の患者さんが増えてきました。
最初は特定のスタッフが対応を一手に引き受けていたのですが、
次第に対応が難しくなり、病院全体で英語対応に取り組もうということに
なったそうです。

そして、スタッフの1人が、英語対応を始めた感想として、
次のようなことを話してくれました。
「英語でのコミュニケーションで、『がんがん』とか『ずきずき』なんかの
痛みの表現が、けっこう難しいんですよ。どう言えばいいのかなって。
大事な情報なんですが。逆に病名とかは、辞書があれば、
案外すんなりわかることも多いんですが・・・」。

難しい=専門用語と思いがちですが、実際のコミュニケーションでは、
意外なことばが難しい場合も多いのかもしれません。
ケアナビには、現在、痛みの状態を伝える表現としては、
「がんがんする」「きりきりする」「しくしくする」「ずきずきする」
「ひりひりする」「ちくっとする」等が収録されていますが、
もっとわかりやすく表示できる方法がないか、考えています。

2007.10.14 11:32 - たなか

次は「スタッフは3時がお好き」

このトピックの記事一覧へ

コメントする

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。