こちら「日本語でケアナビ」開発室

2008年3月のシンポジウムの詳細が決定!

2008年3月8日(土)に
国際交流基金関西国際センターで
日本語教育シンポジウム
「ひらく・つなぐ・つくる 日本語教育の現場」

開催されました。

シンポジウムのマスコット、KくんとCちゃん

午前の部「パネルディスカッション」が終了し
昼食を挟んだ後、40分ほど、
「日本語でケアナビ」体験コーナーにおいて、

  • まだケアナビを触ったことがない方
  • 知ってるけど、よく使い方が分らない方

に来ていただき、実際に体験していただきました。

そのときの様子、いただいた感想・ご意見を、
回答もかねてここで紹介させていただきたいと思います。

日本語でケアナビ全体について

改めて再確認させられたのは、
制作側が意図していることが
必ずしもユーザーには伝わるものではない
ということでした。

「日本語でケアナビ」で何ができるのか
ということがまだまだ伝えきれていないのだ、
ということも痛感しました。

以下、体験コーナーでの声を、回答しながら
ご紹介していきましょう。

Q:あいうえお、はどのタイミングで勉強するの?
また、(サイトの中の)どこで勉強できるようになっているの?
ひらがなが読めないと、サイトが利用できない事もあるし・・・
A:まず、ひらがなが読めない人は「English」モードを
利用してください。
ローマ字と英訳が出てきます。しかし、ひらがなも
紹介されていますから、ひらがな表記の確認もできます。
でも、是非ひらがな学習は、してもらいたいですね。
サイト内でひらがな学習のためのツールはありません。
Q:ローマ字の表記が変じゃないですか?
「~ましょう」のところ「--mashou」なはずですよね?
ケアナビでは「--mashoo」になってますよ。
A:そうなんです。
日本語でケアナビでは、独自のローマ字表記を
採用しています。ローマ字表記については、色々悩みました。
私たちが重点を置いたのは、「発音」でした。
特に長母音や引き音に関して、正書法でもなく、
よく見られる「^」や「-」のマークをローマ字の上に入れたり
「H」を書いたりせず、母音の音を重ねて表記するようにしました。
現場で聞いたことばの「音」を頼りにことばが検索できるように
したかったためです。
ただ、やはり書くときには混乱するかもしれません。
ですので、ケアナビ式のローマ字がどうなっているか
という点について、
「表記について|日本語でケアナビ」
で紹介されています。是非ご一読いただければと思います。

2008.03.21 14:17 - まえちゃん

次は「「日本語でケアナビ」体験コーナーの声2」

このトピックの記事一覧へ

コメントする

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。