こちら「日本語でケアナビ」開発室

2008年3月のシンポジウムの詳細が決定!

すなみ

日本語でケアナビの「いま」

スマートフォンはイライラする?

前回の記事では、
ケアナビをケアナビらしく使ってもらえる、
そんな環境がスマートフォンの普及で整ってきた、
という話をしました。

でも、環境が整いさえすればOK、ではないんですよね。
あくまで「使おうと思えば使える」状態にすぎなくて、
利用者が「使おうと思う」ことも大切。当たり前ですね。

スマートフォンにはPCに近いブラウザが搭載されていて、
画面は小さいものの、PCとほぼ同じ表示結果が得られます。
多くのサイトがPCと同じ感覚で見られるのが利点です。

ここで、スマートフォンをお持ちの方は、
スマートフォンでPC版のケアナビを使ってみてください。
スマートフォン版に誘導するメッセージが出るときは、
あえて「いいえ」を押して続行してください。

どうですか?PC版のように快適に使えるでしょうか?

たぶん、いろいろイライラしただろうと思います。
一般的にスマートフォンでは、ページ表示直後は
横幅全体を収めようとサイトを小さく表示するはずです。

これでは文字が読めませんしボタンも押せません。
そこで指で部分的に拡大する操作を行なうのですが、
この拡大操作も決して簡単とはいえないところがありますし、
隣接する別のボタンを押してしまうこともよくあります。
また、次のページに行くとまた全体が小さく表示されてしまい、
拡大操作を繰り返さなければなりません。
これは非常に手間ですよね。イライラの原因にもなります。

音声再生など一部の機能はスマートフォンでは動かないのですが、
携帯電話と違って、スマートフォンではサイトの大部分の機能を
一応使うことができます。使えなくはない、ということです。
でもこのレベルではダメだと僕は考えています。

そもそもスマートフォンは小さな画面を指で操作するので、
マウスでするように細やかで複雑なことはできません。
また、使いたいときにすぐ使えることがスマートフォンの良さで、
それができないときのイライラはPCより大きいでしょう。

スマートフォン用に使いやすいバージョンを作る。
使ううえでのイライラを最小限にして、
少しでも「使いたい」と思ってもらえる状態にする。
それが、スマートフォン対応プロジェクトの大きな課題でした。

2012.09.14 10:48 - すなみ

次は「あえて「全部入り」にしたわけ」

このトピックの記事一覧へ

コメントする

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。