こちら「日本語でケアナビ」開発室

2008年3月のシンポジウムの詳細が決定!

うえだ

よくわかる「日本語でケアナビ」

「日本語でケアナビ」とは

「日本語でケアナビ」国際交流基金関西国際センターが開発し、2007年7月より一般にインターネット公開している、日本語教育支援のための和英・英和辞書機能を持つインターネットサイトです。

「日本語でケアナビ」は看護・介護の基本用語を含むデータベースですが、「仕事で使える」「気持ちを伝える」「くらしに役立つ」日本語のデータベースとして制作されているので、幅広い日本語学習者に役立てていただけます。

また、日本語学習者を支援する日本語教師や地域ボランティアの人々にも活用していただけます。

「日本語でケアナビ」には専門用語を含む語彙が約6000項目、そしてそれらの例文が約2000あります(2007年9月現在)。

使用する人にとって使いやすい方法で検索できるように、検索方法には「文字入力」「50音表」に「タグナビ」の三つの検索方法があります。

その他に、「基本表現500」「漢字リスト200」「声かけ表現50」のリスト集を設定し、学習者、学習支援者、職場の人々など多彩な利用者のニーズに応じることを目指しています。

2007.10.05 13:02 - うえだ

次は「誕生への旅(1)基本データベース作成」

このトピックの記事一覧へ

コメントする

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。